IT業界のプログラマに必要なタフさ

プログラマは、ソフトウェアやアプリケーションの開発を行ったり、システムエンジニアリングを行ったりする仕事に携わる人の総称である。
主に、コーディングを行うことによって動作するプログラムを構築することを通して、IT業界の中心を担っている。その仕事の幅は広く、ニーズに応じて様々なプログラムを開発できることが要求されることに加え、その仕事内容が必ずしも容易に実現できるものであるとは限らないため、創造的な考え方を常に要求される仕事でもある。

一般的な人のもつプログラマの印象として、あまりに忙しくて睡眠時間もろくにとれないような生活を送っているというイメージが持たれている傾向にある。
これは、ある意味事実を反映している。
与えられている課題がその人のスキルに比して非常に難しい場合には、睡眠時間を削ってでも頭をひねり、試行錯誤を繰り返すことによって、課題を解決しなければならないのが仕事だからである。

しかし、そういったことは、締めきりに追われた小説家や漫画家がそうであると言われるように一時的なものであって、日常茶飯事であることはないのである。
やはり、人間である以上は、常に睡眠時間を削って仕事に携わらなければならないような激務を続けていくことはできず、いかにトレンドのIT業界で中心的な役割を果たす職種といえども、常日頃は休みのある生活を送れるのである。
ただし、競争が激しい業界であることは事実であり、ときにはそういった多忙な時期を過ごせるようなタフさが要求される職種でもあるのがプログラマである。

プログラマと一言でいっても、さまざまな職種がある。phpやJava、Perlなど言語がさまざまあるように、それを記述するプログラマも多数存在するのだ。

IT業界で働く人たちの紹介本を見たりすると、とても難しそうに感じるが実際は未経験からphpエンジニアになった人もいる。まずは、どんな職種でどんなことを仕事としているのかを知ることが重要なのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です