サーバーとドメイン

サーバーを利用するに当たり、必要なのがドメインです。
サーバーがインターネット上の土地ならば、ドメインは住所のような意味合いとなります。
取得するドメイン名は世界に一つだけで同じ名前のドメイン名を取得することができません。
しかしながら、”aaa.com”を取得した場合、異なる”aaa.jp”の取得は可能となります。

このドメイン名はウェブページを開設する際のアドレス(URL)となり、メールアドレスとなります。

<例>鈴木さんが”suzuki.jp”を取得した場合

ウェブページのアドレス(URL)は”http://www.suzuki.jp/”となります。

メールアドレスを取得した場合は”○○○@suzuki.jp”のような形式で利用することができます。

利用するドメイン名にはIPアドレスというものが割り当てられます。
ドメインは世界に一つだけとなりますが、IPアドレスは利用するサーバーによって異なります。
専用サーバーを利用した場合は、一つのサーバー一つの契約で利用するため
契約者が専用サーバーで利用するIPアドレスは一つとなります。

共用サーバーの場合、一つのサーバーに複数の契約、ドメインが収容されるため
他人であっても同じ共用サーバーを利用している場合は同じIPアドレスとなります。

なお、サーバーを利用するためにはドメインが絶対に必要なものとなりますが
そのドメイン名はサーバーと別の契約の為、サーバーを解約した場合、ドメイン名は解約していないので
ドメインの所有者はそのままドメインの契約を解除するまで変わりません。

このことから、サーバーを利用するときに、サーバーを契約する会社とドメイン名を契約する会社が別であっても
利用が可能であるということになります。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です